주요 기사 바로가기

【噴水台】マイナス金利

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.09.07 13:44
0



今日、銀行に1000万ウォンを預金すると1年後に997万5000ウォンを引き出すことができるとしよう。何か変ではないか。利子を受けるどころか元金2万5000ウォンまで踏み倒されるなんて。世の中にこんなことがあっていいのか。

今年7月、マイナス金利が導入されたスウェーデンでは部分的に現実だ。中央銀行(リクスバンク)が市銀の金を預かってくれるときの金利を年間マイナス0.25%と決めたのだ。いわゆる「スウェーデン実験」である。中央銀行に集中するお金の流れを戻して「動脈硬化」を治そうという趣旨だ。スウェーデンの実験は世界的関心事に浮上した。成功したらノーベル経済学賞を授与するリクスバンク本人が受賞者になるかもしれないという話もある。

イギリス中央銀行(BOE)は実験参加を悩んでいる。マービン・キング総裁は先日「スウェーデンの例に倣うことができる」と述べた。BOEは今年に入って国債と会社債などを買い受ける方式で1400億ポンドを流した。問題はそのお金の大部分がまた戻ってきて眠っていることだ。そのため「スウェーデンの実験を我々もやってみよう」という声が高まっている。

マイナス金利は過去に何度かお目見えした。1970年代、スイス銀行は外国富豪のお金を預かり「保管料」を受けとった。ドル価値が急落して物価が上がり、世界の富豪たちが先を争って安全なお金を引き出したときだ。2001~2006年、日本のいくつかの金融会社もマイナス金利を支払われた。ゼロ金利を適用しても預金が増えると緊急処方として利子を与えず保管料を受けとったのだ。

マイナス金利で現金を積むことは預金・融資をするよりいい。グレゴリー・マンキュー・ハーバード大学経済学科教授がニューヨークタイムス寄稿文で、貨幤の退場を阻む方法を紹介した。「紙幤の一連番号末尾0~9のうちのひとつを1年後に使うことができないようにすれば現金の10%が消えるだろう。人々は現金10%を失うことになるので-3%金利でも喜んでお金を貸すだろう」無欠な貨幤を紙くずにしようという提案なので歓迎されることはなかった。

韓国でマイナス金利は別の世の話だ。家賃が上がって金融当局が融資を引き締めるときにまったく関係ないといった話だ。だからマイナス金利の存在を感じることができず、認めることができないというのなら17世紀パスカルの言葉から聞いてみよう。「何もない状態(0)から4つを無くしても依然として何もない状態(0)だということを理解できない人がいる」「-4」を知らなかった彼もさぞかし息苦しかっただろう。
【今日のイチオシ記事】
・ 臨津江の悲劇・・・北朝鮮、意図的な放流?
・ ソニー抜いたLG電子、三星に挑戦状
・ バスでインド人教授を侮辱、国内人男性酔客刑事処罰
・ 「60年後、韓国の半分で冬消える」
・ タブロとカン・ヘジョン、10月結婚へ…妊娠4週目
・ 米下院議員「北、テロ支援国家再指定を」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】マイナス金利

    2009.09.07 13:44
    뉴스 메뉴 보기
    TOP