주요 기사 바로가기

イ・ビョンホン主演のドラマ「IRIS」3つの見所(1)

2009.09.04 10:20
0
先月31日にソウル光化門・青渓(クァンファムン・チョンゲ)広場でショーケースを行った公営・KBSテレビ(韓国放送公社)第2チャンネルの諜報アクションドラマ「IRIS(アイリス)」(脚本:キム・ヒョンジュン、演出:キム・ギュテ)はこの秋最高の話題となっているドラマだ。

日本とハンガリーなどで撮影した映像は映画を彷彿させた。イ・ビョンホンは「映画20本を撮るのよりも苦労した」と感想を述べた。キム・スンウ、チョン・ジュノ、キム・テヒ、キム・ソヨンらキャスティングも豪華だ。あらかじめ観覧した「IRIS」の3つの見どころをまとめてみた。



◇息詰まるアクション、大型のスクリーンで!

「IRIS」は、国家安全局(NSS)に所属する諜報員キム・ヒョンジュン役を演じるイ・ビョンホンが北朝鮮の護衛部と南北(韓国・北朝鮮)の統一を妨害する第3勢力「IRIS」に追われる凄まじいサバイバルを描く。イ・ビョンホンは自身が所属する組織「NSS」に裏切られ、コーナーに追い込まれる。イ・ビョンホンを助けるのは組織の上司で恋人のチェ・スンヒ(キム・テヒ扮)だけだ。

同ドラマは「犬とオオカミの時間」「ロビイスト」など従来のスパイドラマを標ぼうした諸作品とはスケールの面から明確に異なる。ヘリコプターからミサイルが発射され、イ・ビョンホンが運転する飛行機が爆破されるなどのシーンはドラマというよりは映画に近い。「IRIS」の制作サイドは「同作品は映画でも撮りにくいアクションシーンを収めている。全20話のドラマに制作されるが、編集を通じた映画公開まで念頭に置いたほど」と話した。

爆発的なアクションシーンがどのくらい続くかも関心を集める。制作サイドは「アクションはハンガリーの銃器・爆破専門の制作スタッフが担当した。イ・ビョンホンが追われつづけるため、ドラマの所々でアクションシーンが登場する」とし「映画だと考えて作ったため、大型のスクリーンで見ればより迫力を感じるだろう」と予告した。
イ・ビョンホン主演のドラマ「IRIS」3つの見所(2)

【今日のイチオシ記事】
・ 【コラム】初め쒂輸出されたハングル、世界公用文字になるか
・ 新型インフルエンザ感染40代女性が脳死
・ 釜山と福岡、ひとつの経済圏に
・ 「その年俸ではソウル大学教授はできない」3人が拒否
・ 「故チャン・ジニョンさんと秘密裏に結婚した息子誇らしい」
・ 世界トップの韓国アーチェリー選手は視力がよい?


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イ・ビョンホン主演のドラマ「IRIS」3つの見所(1)

    2009.09.04 10:20
    뉴스 메뉴 보기
    TOP