주요 기사 바로가기

「北朝鮮軍に逮捕されたとき、中国領土にいた」

2009.09.03 08:42
0
「3月17日午前5時、凍りついた川に到着した。北朝鮮と中国を分ける川(豆満江)だった。寒く、乾いた天気だった。周辺には誰も見えなかった。日が昇るとガイドが私たちを氷の上に案内した。北朝鮮の国境地帯であることを知らせるフェンスやラインなど印はなかった。ガイドはミミズクの鳴き声を出した。あらかじめ連絡を取っておいた北朝鮮側の警備員にサインを送るためだった。しかし返事がなかった。ガイドは私たちに人身売買の経路を見せてやるとし、北朝鮮の方向に案内しつづけた。結局、北朝鮮の川の堤防を歩くことになった。ガイドは脱北者がしばらくの間待機する居住地を指でさした。我々は危険だという気がし、すぐに戻った。北朝鮮領土を踏んだ時間は1分にもならなかった。川の中間まで進んだとき、誰かが我々に向かって叫んだ。銃を手にした北朝鮮軍2人が私たちを追いかけた。本能的に逃げはじめた。北朝鮮軍に逮捕されたときは確かに中国の国境地帯内に入っていた。ところが無理やり私たちを引っ張りだした。逮捕されまいと草や土地などをつかんだが、無駄だった。北朝鮮軍に連行された後、繰り返し尋問を受けた。証拠をなくすため取材ノートを破った後、飲み込み、ビデオテープを壊した」。

先月6日、ビル・クリントン元米大統領の訪朝後、解放された米ケーブルテレビ・カレントTVに所属する女性記者のユナ・リー(韓国系、36)、ローラ・リン(中国系、32)さんらが逮捕された過程を初めて打ち明けた。この内容は1日(現地時間)「隠遁(いんとん)の王国での人質」という見出しの下、カレントTVのホームページ(current.com)上に公開された。

両記者は北朝鮮のワナにはまったかもしれないという疑惑を提起した。「確実ではないが、疑わしい部分がある。中国から豆満江(トゥマンガン)に渡る地域が予想とは違っていて、ガイドが普段とは異なり中国の警察に金を供与した」ということだ。これらは「ガイドが外国人記者に度々同行していた韓国系の中国人だった。(拘束される前まで)危険な行動をしなかったため、彼に従った」と話した。

しかし記者らは「ガイドに従ったのは全的に我々が決定したもので、今日までその決定の代価を支払っている」と明らかにした。これらは北朝鮮領土を侵犯した事実を認め「北朝鮮領土を踏んだ時間が最も後悔する瞬間」と心境を伝えた。一歩遅れて状況を説明することについては「北朝鮮に拘束された経験を打ち明けるのは、記者として暗い部分を公開すべき責任があるため」と話した。

続いて「脱北者は中国では違法な滞在者であり、各種の不利益を受けている。20代初めのある脱北女性を取材した際“コンピューター会社という所から就職を提案された後、行ってみると、コンピューターに装着されたカメラの前で服を脱ぐ仕事だった”という話も聞いた」と伝えた。侵入罪と敵対行為罪で強制労働12年を言い渡されたことに対しては「何が敵対行為か」と反論した後「北朝鮮で抑圧され、絶望に閉じ込められた人々について語ろうとしただけ」と抗弁した。

記者らは脱北者を取材する際に接触した韓国のC牧師について不満を示した。記者らは「C牧師が我々が逮捕された直後に、我々に関する話をマスコミに公開したので驚いた」と話した。「C牧師が川に行くなと注意を与えたというが、そうした話を聞いたことがない」と強調した。続いて「私たちの家族は脱北者支援団体の安全のため、C牧師にこれ以上の公開的発言を控えるよう求めた」と付け加えた。
禁今日のイチオシ記事】
・ 「北朝鮮軍に逮捕されたとき、中国領土にいた」
・ キム・ジャンフン、米日両国の主要人物あてに「東海」広報資料送る
・ 韓国の経済危機克服、あちこちで青信号
・ 【動画】故チャン・ジニョン主演映画「菊花の香り」に注目集まる
・ ユノ「東方神起メンバーらとの友情変わりない」
・ 34歳の男性、不法に国籍喪失で兵役逃れ発覚


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP