주요 기사 바로가기

韓昇洲氏「韓国、2022年サッカーW杯誘致の可能性は十分」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.08.20 15:16
0
「2022年ワールドカップ(W杯)誘致の可能性は十分にある」

2022国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップ(W杯)誘致委員長に推戴された韓昇洲(ハン・スンジュ)元外務部長官(69)がW杯単独誘致に自信を表した。 韓氏は19日に開いた2022FIFAワールドカップ誘致委員会創立総会で、誘致委員長に推戴になった後、「責任感を感じる。 競争が激しいが、戦略的に接近すれば可能性は十分にある」と述べた。

高麗(コリョ)大政治外交学科教授を経て外務部長官を務めた韓氏は、国連特使、駐韓米国大使として活動するなど、世界外交舞台で幅広い人脈を築いてきた。 韓氏は「こうした背景がW杯誘致活動にも助けになるだろう」と明らかにした。

一部の試合を北朝鮮で行う南北分散開催についても前向きな見解を表した。 韓氏は「W杯は南北が協力できる絶好の機会。 私たちが誘致すれば数試合を北朝鮮で行うこともできる。 (分散開催は)誘致競争で韓国を強調する要素になるほか、韓半島の平和と民族の発展にも寄与するだろう」と伝えた。

また韓氏は「大陸別循環開催の原則はなくなったが、2018年はヨーロッパで開催される可能性が高い。 そうなれば2022年にはヨーロッパ以外の大陸の国、米国、日本、オーストラリアなどと競争することになるだろう」と予想した。

2018年と2022年のW杯開催国は来年12月のFIFA執行委員会で同時に決定される。 韓国をはじめ11候補地・13カ国が誘致申請書を提出した。このうちアジアサッカー連盟(AFC)所属国家は韓国・日本・オーストラリア・カタール・インドネシアの5カ国。


【今日のイチオシ記事】
・ 「羅老の打ち上げ、複合的欠陥なら1カ月以上延期も」
・ 北、DJ逝去に党書記・党部長級派遣「礼遇尽くす」
・ 玄会長が金総書記に渡した贈り物は?
・ GM大宇の「マティス」ニューモデル、世界市場狙った野心作
・ ソン・イェジン「発表もできないほど気弱なA型」
・ 他国で400年、朝鮮の魂…京都耳塚で行われた慰霊祭

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP