주요 기사 바로가기

金正日官邸、中国まで行く専用列車車庫も

2009.08.13 10:40
0
1/2



金正日(キム・ジョンイル)北朝鮮国防委員長の21号官邸と推定される建物の衛星写真を公開した米国エコノミスト、カーチス・メルビン氏は、自分のインターネットブログにその周辺の施設物がひと目で見られる写真(A)も載せた。インターネット検索サイトGoogleを通じて探し出したものだ。メルビン氏は写真と北朝鮮に精通した人物たちから収集した情報を根拠にこの施設物がすべて金委員長専用だと主張した。メルビン氏は最近、米国CNNとイギリスBBC放送などに出演し「北朝鮮内の消息筋を通じて金委員長が衛星写真にある建物を使っているということを確認した」と述べた。それによれば写真中の主要空間の用途は次の通りだ。

①本館。金委員長が居住する所。②プール。長さ50メートル国際規格プールがあり、スライダー(すべり台)も設置。③競馬場。競走トラックが見え、トラック上には観覧用施設も。④馬場。馬を管理する馬屋など関連施設と乗馬練習のための空間が見える。⑤検問所。官邸に入って行く出入口と見られる地点に検問所施設がある。⑥地下鉄路入口。外部に繋がった電車がこの地点からトンネルに入って行き、本館近くまで地下で繋がっているものと推定。⑦金委員長専用列車車庫。金委員長は北朝鮮内はもちろん中国までも専用の列車を主に利用する。⑧地下施設出入口。官邸を取り巻く丘の内部に入って行く出入口--と見られる。



メルビン氏は平壌の都心にあるほかの建物の衛星写真(B)も公開した。金委員長が平壌都心に泊まる場合に主に使われる住宅と推定される。平壌市内蒼光(チャングァン)通り(右大通り)と千里馬(チョルリマ)通り(左大通り)の間にある2青い屋根の建物が住居だ。金委員長の妹の夫である張成沢(チャン・ソンテク)労働党行政部長兼国防委員の家が隣近にあるものと知られている。

政府関係者によると金委員長は平壌市内の多くの所に執務室と住居を置いており、北朝鮮全域の主要の山や海岸など、景色がよい所に作られた専用別荘数十棟を利用している。メルビン氏はまたCNNに出演し、北朝鮮の政治犯や犯罪人収容所と推定される場所の衛星写真(C)も提示した。右上の建物が管理・監視人たちが居住する所であり、何列にも並んだ数百の施設物は収監者たちが使う幕舍と推定される。
【今日のイチオシ記事】
・ <サッカー>鄭夢準氏「韓国がアジア代表…W杯誘致に自信」
・ 日米ポルノ会社、韓国ネチズン数千人を告訴
・ 「コピー天国」中国のゆかいなロゴキャラクター
・ 燃100キロのGM電気車が来年末に登場
・ 平壌上空から撮った金正日総書記官邸…大型プール、庭園も
・ 「キム・ヨナと結婚したい」インディーズバンドが公開プロポーズ


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP