주요 기사 바로가기

<インタビュー>ユン・ウネ「2年の空白、期待ふくらむ時間だった」(2)

2009.07.21 16:24
0
ユン・ウネは日本・中国で大ヒットしたドラマ「宮」と「コーヒープリンス1号店」の勢いで韓流スターとしても成果を上げた。 韓流活動の広報をしなかったため騒がしいほどではなかったが、現地の人気は相当なものだった。

「まだ広報するのは恥ずかしいので静かに行ってきた。 2年間に6-7回ほど日本・中国・台湾などを訪問したが、行く度に反応が熱くなっていくので驚いた。 私が『宮』と『コーヒープリンス1号店』で中性的な魅力を見せたためか、女性のファンが多かった。 女性韓流スターが出るのは難しいと言われるが、中性的な魅力がアピールになったようだ」

復帰作「お嬢さんをお願い」でユン・ウネはどんな姿を見せるのか。 ユン・ウネはこれまでとは全く違う姿になると話した。

「宮殿のような豪邸でお姫様のように過ごす眼下無人の財閥家相続女性を演じる。 『花より男子』のク・ジュンピョを連想させる。 素朴ではつらつとした過去の姿とは全く違うキャラクターで、 おもしろいと思って選択した。 急激なイメージ変化が抵抗感を与えないか心配する人もいるが、ユン・ウネだけの魅力でやっていきたい」

ユン・ウネは財閥家の相続女性を表現するために多くの準備をしている。 衣装コンセプトの設定はもちろん、ルンバダンスなど社交界の女王を演じるための準備にも忙しい。

「いろいろと習うのは難しい。 特にルンバダンスは体力の消耗が大きい。 あまり体力がないので夏の撮影を少し心配している」
<インタビュー>ユン・ウネ「2年の空白、期待ふくらむ時間だった」(1)

【今日のイチオシ記事】
・ 保寧マッドフェスティバル、中国攻略に乗り出す
・ 世宗大王艦、米国で初の弾道ミサイル防衛訓練へ
・ 【社説】双竜自動車問題は韓国の不幸な現住所だ
・ 牛浦沼のトキの留鳥化が目標
・ 安貞桓「李天秀のエージェントに詐欺に遭った」
・ 北朝鮮、「米国人記者の釈放」特使にビル・クリントン元大統領を名指す


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP