주요 기사 바로가기

金大中元大統領、肺炎と診断され集中治療室に

2009.07.16 10:46
0
肺炎の疑いでソウル新村(シンチョン)のセブランス病院に4日前から入院中の金大中(キム・デジュン)元大統領が15日、集中治療室に移り、治療を受けている。

金元大統領のチェ・ギョンファン公報秘書官と病院側は「金元大統領の症状が肺炎と確認され、15日午後1時ごろ集中治療室に移った」とした後「危ない状況ではなく、万が一の合併症に備え、安全な治療を受けるための措置」と説明した。

チェ秘書官は「意識ははっきりしており、呼吸も正常だ」と伝えた。病院測も「高齢の金元大統領が普段人工透析を受けてきた上、最近、新型インフルエンザが流行っていることから、万が一でもあり得る(合併症の)可能性のため、集中治療室に移したもの。状態は悪い方ではない」と明らかにした。
【今日のイチオシ記事】
・ ペ・ヨンジュンはどこへ? 
・ 韓国経済の潜在成長率、3%台に下落?
・ 金総書記一代記の記録映画制作へ
・ 牛浦沼のトキ、突風に驚き死亡
・ 米国に韓国人名中学校設立
・ 俳優イ・ドクファ「カツラ広告のおかげで子ども2人を留学」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP