주요 기사 바로가기

朴義春北朝鮮外相、ARFに出席するか

2009.07.16 07:24
0
北朝鮮への制裁が続く中、21日からタイ・プーケットで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)地域安保フォーラム(ARF)の外相会議に、北朝鮮の朴義春(パク・ウィチュン)外相が出席するかどうかが注目を集めている。

北朝鮮の核問題を話し合う6カ国協議の離脱を宣言し、核実験に踏み切った後、国連安保理の制裁対象となった北朝鮮がどんな立場なのかがわかる機会だからだ。朴外相が出席する場合には、クリントン米国務長官と会合する可能性もある。膠着(こうちゃく)状態に陥った6カ国協議参加国の外相または実務者が会合する機会にも活用できる。

開催国のタイ政府は先週、同国の外務次官を北朝鮮・平壌(ピョンヤン)に派遣し、朴外相に直接会ってARFへの出席を要請した。韓国政府当局者は「タイ外務次官が、ARFで長距離弾道ミサイル(北朝鮮は人工衛星と主張)発射や核実験の理由を直接説明できる機会があるというロジックから説得に当たっていると聞いている」と述べた。

北朝鮮側が確答しなかったものの、いかなる形でも代表団を派遣する可能性が高いというのが政府当局の観測だ。
【今日のイチオシ記事】
・ ペ・ヨンジュンはどこへ? 
・ 韓国経済の潜在成長率、3%台に下落?
・ 金総書記一代記の記録映画制作へ
・ 牛浦沼のトキ、突風に驚き死亡
・ 米国に韓国人名中学校設立
・ 俳優イ・ドクファ「カツラ広告のおかげで子ども2人を留学」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP