주요 기사 바로가기

「中国ハッカー、103カ国に侵入」

2009.07.08 09:15
0
世界では頻繁に‘サイバー戦争’が起きている。

米国など西欧国家は中国ハッカー部隊が自国の情報網を狙っているとし、サイバー戦力の強化に乗り出している。中国は「米国などが過敏反応している」としながらも、サイバー戦力向上に向けて活発に投資している。

米国のサイバーセキュリティー会社は5月、「中国のサイバースパイが世界103カ国の政府と民間企業のネットワークに侵入し、1295台のコンピューターから文書を盗み出した」と主張した。米国防総省の報告書も3月、「中国軍がオンライン戦闘技術開発に取り組み、進展させてきた」と明らかにした。

しかし中国は「あらゆる形態のサイバー犯罪に反対し、これを禁止している」とし「米国防総省の報告書は冷戦時代の精神の産物だ」と反論した。

韓国空軍本部は「中国が3つのハッカー部隊(サイバー戦部隊)を運営している」と明らかにした。
【今日のイチオシ記事】
・ 日中間で繰り返される「ハッカー戦争」
・ 「ミサイル射程の300キロ制限、韓国が要請すれば改正交渉へ」
・ 「低濃縮ウラン、韓国も独自生産」
・ <野球>ヤクルトが林昌勇に提示した契約条件は?
・ エクスタシー投薬の疑いで歌手キム・ジフンに拘束令状
・ 三星の携帯電話が平壌に上陸

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP