주요 기사 바로가기

政府よりハリウッド映画が韓国軽自動車販売に効果?

2009.07.08 08:46
0
政府のグリーン成長政策に逆行する老朽車買い換え時の税制支援で軽自動車販売が大きく減少した。

7日に韓国自動車工業協会が明らかにしたところよると、老朽車税制支援優遇を事実上受けられない排気量1000cc未満の軽自動車の先月販売実績は9728台で前年同月比で30.7%減少した。軽自動車は5月の1311台の販売にとどまり20.1%の減少となった。

業界関係者は、「欧州など海外では老朽車買い換え税制支援を行う際に燃費が良い環境対応車を買うほど多くの優遇を与えている。政府が5~6月に実施した税制支援は価格が高く燃料を多く消費する大型車にむしろ有利だ」と分析する。

同関係者は、「これは政府のグリーン成長政策と相反するもの。今後老朽車税制支援を追加実施する場合には燃費基準または二酸化炭素排出量が少ない車に優遇が行き渡るようにすべきだ」としている。

上半期には足踏みしていたが下半期には軽自動車が「反撃」に出る可能性もある。早ければ9月に登場するGM大宇(デウ)「マティス」の後継モデルのためだ。GM大宇から「次世代マティス」と呼ばれるこの車はすでに発売前から大きな関心を集めている。先月24日に公開されたハリウッド映画「トランスフォーマー/リベンジ」のおかげだ。2週連続でボックスオフィス1位になったこの映画は、公開12日で観客動員500万を突破し、2009年最高のヒット作となった。

「次世代マティス」のコンセプトカー「ビート」と「トラックス」は映画の中で人間に友好的なオートボット軍団の双子ロボ、「ツインズ」として出演し韓国人客の視線を集めた。GM大宇もこれに合わせてホームページを通じて映画チケットをプレゼントするマーケティング行事を行っている。

GM大宇関係者は、「映画を見た子どもたちが両親に次世代マティスを買うようせがむなど大きな広報効果が出ている。上半期には停滞していたが下半期に『軽自動車の逆襲』を始める契機ができた」と話している。
【今日のイチオシ記事】
・ 日中間で繰り返される「ハッカー戦争」
・ 「ミサイル射程の300キロ制限、韓国が要請すれば改正交渉へ」
・ 「低濃縮ウラン、韓国も独自生産」
・ <野球>ヤクルトが林昌勇に提示した契約条件は?
・ エクスタシー投薬の疑いで歌手キム・ジフンに拘束令状
・ 三星の携帯電話が平壌に上꒗

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP