주요 기사 바로가기

東京ドームの東方神起、5万人の観客立ちっぱなし(2)

2009.07.06 10:43
0
◇徹底した現地化戦略による成果=「東方神起」の東京ドーム入りは、90年代にスタートした日本内の「韓流ブーム」が新たな段階に入ったことを示すものだ。

これまでの韓流が、韓国で制作されたコンテンツを輸出、それに対する反応を引き出す形だったとすれば、「東方神起」は女性歌手BoAに続き、現地で新人としてデビューした後、日本語で歌を歌い、テレビ番組に出演、着実に人気を積み重ねてきた。

日本人ファンはそれらから「韓国人アーティスト」の新鮮さと「日本人アーティスト」の親しみを同時に感じる。コンサートを訪ねたクマサキユキさん(25)は「東方神起は日本人が韓国のスターに期待する優れたルックスと歌唱力、ダンスの実力いずれも備えている上、日本語で歌い、話すため、距離感が全く感じられない」と話した。

これまでの韓流スターが主に30代以上から呼応を得ていたのに比べ、ファン層を10~20代までに広めたという点も有意義な成果といえる。フカワアイさん(24)は「東方神起は近ごろ日本の女子中高生が好む芸能人のトップ5に入るほど、最近日本で最もホットなグループだ」とした。

◇それらを育てたのは「実力」=「東方神起」は08年1月にリリースした「Purple Line」を皮切りに、新しいアルバムをリリースする度、オリコンチャートのトップにランク付け、外国人アーティストとしては初めて「オリコン・シングルチャットの6回連続トップ」という記録を達成した。

今月1日にリリースした新譜「Stand by U」もすでに15万枚のセールスを決めた。東京ドームの公演に際し今月2日から6日まで、東京・表参道ヒルズと原宿クエストホールでそれぞれ開催中の「東方神起プレミアムショーケース2009 in 表参道」には連日ファンが長い列を作っている。

ここを訪ねた女子中学生のファンひとりは「東方神起が韓国のグループか日本のグループかが重要ではなく、実力あるミュージシャンだから好き」としながらも「彼らのおかげで、これまで関心がなかった韓国の音楽と文化に興味がわいてきている」と語った。
東京ドームの東方神起、5万人の観客立ちっぱなし(1)



【今日のイチオシ記事】
・ 【ニュース分析】金総書記「ミサイル政治」に4200億ウォン使う
・ 北朝鮮貨物船「カンナム号」、西海に沿って北上
・ 金鍾承容疑者「パーティー中にチャン・ジャヨン殴った」
・ 金正男氏、金正雲氏の後継確定以降は警護員なく活動
・ 脱北者女性「死ぬことも考えたが…まだ希望ある世の中」
・ 抗生剤乱用には理由があった

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP