주요 기사 바로가기

オバマ米大統領、対北制裁を1年延長

2009.06.26 07:20
0
オバマ米大統領が24日(現地時間)、北朝鮮に対する経済制裁措置を1年間延長すると明らかにした。

AP通信によると、オバマ大統領は、北朝鮮による核拡散の脅威が続いているため、資産凍結など北朝鮮への制裁措置を1年間延長する方針を決めた。

同大統領はこの日、議会に送った声明で「韓半島に核兵器に使用できる核物質が存在し、その拡散の危険性が米国の外交政策や安全保障上、大きな脅威であり続けている」とその理由を説明している。オバマ氏はまた「米軍は、国連の新たな制裁を受けて北朝鮮がハワイに向けてミサイルを発射した場合に備えている」と付け加えた。

 
ブッシュ前大統領は昨年6月、企業・金融機関などと北朝鮮とのすべての金融取引を禁止する対北朝鮮敵対視政策を撤廃したが、非常指揮権を行使、北朝鮮との資産取引は1年間制限する措置を取っている。オバマ大統領がこの制限措置を延長しなかった場合、26日を期して経済制裁が解除される予定だった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP