주요 기사 바로가기

「間違いのない」大韓航空とアシアナ航空

2009.06.22 09:13
0
韓国の航空会社の旅客機が決められた時間通りに出発する定時運航率で世界最高水準であることがわかった。ボーイングとエアバスの航空機製造メーカー2社が昨年に世界の航空会社を対象に調査したもので、15分以上の遅延と欠航率が韓国系航空会社は世界で最も低い水準だったと国土海洋部が21日に明らかにした。

15分以上の遅延・欠航率が最も低いということは、定時運航率が最も高いという意味。それだけ航空機の整備と安全管理能力が優れていることを意味する。

8機種を対象に調査した結果、韓国系航空会社は5機種で最も優秀だった。大韓航空が運航中の5機種のうち、ボーイングB737-800、エアバスA300-600、ボーイングB777、ボーイングB747-400の4機種で世界1位を記録した。エアバスA330はアシアナ航空に次いで2位だった。アシアナ航空ではA330のほかボーイングB737-400が2位、ボーイングB767とB747-400が3位、B777が4位、エアバスA320/321が5位を記録した。

大韓航空とアシアナ航空の定時運航率はそれぞれ99.86%と99.75%に達した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP