주요 기사 바로가기

<サッカー>北朝鮮、サウジに勝てば44年ぶりW杯出場

2009.06.17 10:05
0
北朝鮮が1966年のイングランドワールドカップ(W杯)以来44年ぶりとなるW杯本大会進出を狙う。18日(韓国時間)午前3時にリヤドで行われるサウジアラビアとのB組最終戦が決戦の舞台だ。

北朝鮮とサウジアラビアは3勝2敗2分け(勝ち点11)で同率。北朝鮮がゴール得失点(北朝鮮+2、サウジ0)で上回っている。

北朝鮮がサウジに勝てば自力でW杯に進出する。しかし引き分けまたは敗れる場合、韓国-イラン戦が変数となる。イラン(2勝1敗4分け、勝ち点10)も北朝鮮とサウジを追撃しているからだ。

韓国がイランに勝利または引き分ける場合、北朝鮮はサウジと引き分けても南北同時出場が可能だ。しかし南北がともにイランとサウジアラビアを相手に敗れた場合、北朝鮮のW杯出場はなくなる。分断国家がW杯に同時に出場したのは1974年のドイツ W杯の東・西ドイツが唯一。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングではサウジアラビアが56位と、北朝鮮(106位)を大きく上回っている。歴代対戦成績でも北朝鮮は1勝3敗3分けと劣勢だ。

しかし昨年11月に平壌(ピョンヤン)で行われた試合では北朝鮮がムン・イングクの決勝ゴールで1-0で勝っている。技術はサウジが上だが、スピードと体力を武器とする北朝鮮は最近、実力が大きく向上している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP