주요 기사 바로가기

米ポップ音楽界の韓国系PV監督ジョセフ・カーン氏

2009.06.15 16:12
0



1995年にハリウッドに進出して初めて撮ったミュージックビデオはひどかった。 「エンターテイメントの本場で挑戦する」と決心し、幼い頃から育った米南部都市テキサスを離れてロサンゼルスに来た頃だった。 制作者に「才能がないようだから早めにあきらめてはどうか」とも言われた。 しかしそうはできなかった。 「選択の余地がなかった。 韓国から来た移民2世で、母はウエートレスだった。通っていた学校(米国ニューヨーク大・MYU)は退学し、他の才能も人脈もなかった」

ブリトニー・スピアーズ、エミネムなどのトップ歌手と一緒に作業をし、米ポップ音楽界の大物となった韓国系ミュージックビデオ監督ジョセフ・カーン氏(本名アン・ジュンヒ、36)。 彼のサクセスストーリーはこのように始まる。 韓国企業と広告制作について相談するため8年ぶりに韓国を訪れたというカーン監督に会った。

◇BoAとの作業、驚くような経験だった

カーン監督と一緒にしたスターの名前を挙げると数え切れないほどだ。 U2、ジャネット・ジャクソン、マライア・キャリー、レディー・ガガなど多くのポップスターのミュージックビデオが彼の手から誕生した。 02年のグラミー賞でエミネムの「Without Me」で最優秀ビデオ賞と最優秀監督賞を、04年のMTVビデオミュージックアワードではブリトニー・スピアーズの「Toxic」で最優秀ビデオ賞を受けた。 最近、初めて韓国人歌手と作業をした。 BoAの米国1stアルバムのタイトル曲「I Did It For Love」のミュージックビデオを制作したのだ。

「BoAの舞台を見たとき、本当に驚いた。 ブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラなどとも一緒に作業をしたが、BoAは誰よりもダンスが優れている」

◇マイノリティーアイデンティティーが自分を育てた

BoAの作品では節制されたが、普段、彼のミュージックビデオはユーモラスなストーリー、映画・アニメのパロディー場面などが登場するスタイルで評価を受けてきた。 彼はそのスタイルについて「韓国料理を食べて育ったから」と話す。 「米国のことわざに‘食べるものを見ればどんな人になるかが分かる’(You are what you eat)というものがある。 私は‘食べるのを見ればどんなものを作るかが分かる’という話をよくする。 辛くて甘い食べ物が一つの食膳に上がる韓国料理を食べて育ったためか、一つの作品の中にアクション・コミック・メローなどさまざまなジャンルを入れるのを好む」

自分のように米エンターテイメント市場への進出を夢見る若者へのアドバイスも忘れなかった。 「エンターテイメント産業は常に人々の評価を受ける。 批判を楽しめなければ生き残ることはできない。 東洋人という理由で‘米国の情緒を知らない’という誤解も受け、それを乗り越えるためにもっと頑張ろうと思いながらここまで来た。 忘れてはならないことはこの一言、 ネバーキブアップだ。 あきらめなければ必ずチャンスは訪れる」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米ポップ音楽界の韓国系PV監督ジョセフ・カーン氏

    2009.06.15 16:12
    뉴스 메뉴 보기
    TOP