주요 기사 바로가기

<サッカー>許丁茂-朴智星「油断は禁物、最高の試合を見せる」

2009.06.10 10:14
0



「ワールドカップ(W杯)本戦進出が決まったからといって油断はしない。ホームのファンの前で最高の試合を見せる」

韓国サッカー代表チームの許丁茂(ホ・ジョンム)監督と主将の朴智星(パク・チソン、28、マンU)が2010南アフリカ・ワールドカップ(W杯)最終予選第7戦のサウジアラビア戦(10日午後8時、ソウルW杯競技場)の勝利を約束した。

9日午前に坡州(パジュ)NFCで練習を終えた2人は、午後、ソウルW杯競技場で行われた公式記者会見に出席した。

許監督は「ホームゲームだが、時差の適応と疲労のため有利と言える状況ではない」とし「出場できない李栄杓(イ・ヨンピョ)、呉範錫(オ・ボムソク)、金正友(キム・ジョンウ)のほかには大きな変化を与えない」とし、ベストメンバーで試合に臨むことを確認した。

朴智星は「W杯本戦進出を決めた自分たちの実力を見せたい。シーズンを終えて疲労が蓄積しているが、これはヨーロッパでプレーするすべての選手が経験する問題。2試合を終えれば休めるので大きな負担はない」と自信を表した。

続いてインタビューを行ったサウジアラビアのペセイロ監督(49)は韓国語で「アンニョンハセヨ(こんにちは)」とあいさつをし、余裕を見せた。

ペセイロ監督は「われわれが本戦に行くには勝ち点4が必要だ。韓国が強いチームであることはよく知っているが、われわれは勝ち点3をつかむために全力を尽くす」と語った。

サウジアラビアは現在3勝2敗1分け(勝ち点10)で、2位の北朝鮮に1点差。韓国に勝ってこそ北朝鮮と最終戦(17日)で有利になる。

ジョハル監督に代わって2月からサウジアラビアを指揮しているペセイロ監督は「私が来た時は雰囲気が良くなかったが、イランとUAEに勝って希望を取り戻した」とし「われわれ韓国の弱点をねらう」という言葉を残して練習に臨んだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>許丁茂-朴智星「油断は禁物、最高の試合を見せる」

    2009.06.10 10:14
    뉴스 메뉴 보기
    TOP