주요 기사 바로가기

「大長今2」の実体がついに明らかに

2009.06.04 10:42
0



「大長今2」の実体が公開された。「許浚」「大長今」の巨匠、イ・ビョンフンプロデューサーがこのほど出版した著書「夢の王国を建てよ」を通じて、次作の題名が「同伊」で、朝鮮粛宗(スクジョン、1661~1720)時代を背景に、雑仕(召使い)から後に英祖(ヨンジョ、1694~1776)の生母に変身した淑嬪崔氏(スクビン・チェシ)の一代記だと明らかにした。同伊(トンイ)は淑嬪崔氏の名前だ。

「イサン-正祖大王」をともに制作したイ・ビョンフンPDと脚本家のキム・イヨンが準備している次作の背景が朝鮮時代で、女性が主人公となる時代劇の大作であることから、「大長今2」というプロジェクト名で呼ばれ関心を集めていたが、その実体が公開されたのは今回が初めてだ。

イ・ビョンフンPDは著書で、「朝鮮という厳格な身分社会で賎民出身の雑仕が王の母親になったということ自体が興味深い素材だ」と明らかにした。同伊と同時代の人物で時代劇でおなじみになっている張禧嬪(チャンヒビン)と仁顕(インヒョン)王后もこのドラマを通じて新たにスポットが当てられる見通しだ。

イ・ビョンフンPDはまた、自身の前作と比較し「『許浚』では医術を、『商道』では商術を、『大長今』では食を、『イサン』では美術を見せてくれたなら、『同伊』では掌楽院を背景に朝鮮時代の音楽を紹介する計画だ」と明らかにした。

「同伊」は今年下半期にキャスティングを経て撮影を始め、来年初めにMBCを通じて放送される予定だ。





関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「大長今2」の実体がついに明らかに

    2009.06.04 10:42
    뉴스 메뉴 보기
    TOP