주요 기사 바로가기

タクシー・ガス・電気・ガソリン…物価上昇続く

2009.06.01 11:59
0
大衆交通費、公共料金などの生活物価が上がっている。ソウルと仁川(インチョン)のタクシー料金は1日から引き上げられ、都市ガスや電気料金も近いうちに上がる見通しだ。

ソウルのタクシー料金は1日、基本料金が1900ウォン(約144円)から2400ウォンに上がる。距離料金はソウルは144メートル当たり100ウォンそのままだ。仁川ではこの日からタクシー基本料金がソウルと同じように調整され、距離料金も159メートル当たり100ウォンから148メートル当たり100ウォンに上がる。京畿道(キョンギド)は8月から基本・距離・時間料金をすべて見直し、タクシー料金を平均15%上昇することにした。

国際原油価格が上がり、ガソリンスタンドのガソリン値段も上昇が続いている。韓国石油公社ガソリンスタンドの総合情報システム(www.opinet.co.kr)によれば、先月30日、全国ガソリンスタンドの平均ガソリン価格は1リットル当たり1550.98ウォンで年初(1298.89ウォン)対比252.09ウォン上がった。

公共料金は引き上げ秒読みに入った。政府は都市ガス、電気料金引き上げ幅と時期を見計らっている。昨年、燃料価格が大幅に上昇したのに引き上げを抑制して韓国ガス公社と韓国電力に赤字が続いているからだ。知識経済部高位関係者は「ガス公社の場合、昨年3兆5000億ウォン、今年は第1四半期だけで1兆5000億ウォンの赤字を出しているためガス料金の引き上げを避けられない」と述べた。韓国電力は政府と国会に電気料金9%引き上げを要求した。

食べ物の物価も上がっている。統計庁によれば農・畜・水産物物価は4月にすでに前年同期対比12.2%上昇した。肥料・飼料・燃料の価格が上がった上、雨の降らない日が多かったのだ。5月にも農・畜・水産物価格は上がり続けた。農村経済研究院は畜産物価格が上昇を続けることと見通している。山地で今月、韓牛は昨年同月より4~6%、ニワトリは最高65%ほど高い価格で取り引きされるものと予測した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP