주요 기사 바로가기

ハリス「自殺はダメ」トランスジェンダー向けクラブをオープン

2009.05.28 11:09
0
1/2



トランスジェンダーで芸能人のハリスが「これ以上自殺する(トランスジェンダーで芸能人の)先輩、後輩がいてはならない」として、トランスジェンダーのためのクラブをオープンし、注目を集めている。

ハリスは今月13日、ソウル江南区狎鴎亭洞(カンナムグ・アプグジョンドン)に「ミックストランスクラブ(MIX-TRANS CLUB)」をオープンした。

ハリスの側近は「昨年“第2のハリス”と呼ばれたトランスジェンダーの芸能人チャン・チェウォンと、“カミングアウト”の後、悪意の書き込みに苦しめられたタレントのキム・ジフが自殺した。この話を耳にしたハリスが大きな衝撃を受けた。その後、最初のトランスジェンダー芸能人として、舞台を夢見るトランスジェンダーの先輩と後輩に、より良い舞台と空間を提供するため、こうした事業を進めることになった」と伝えた。

ハリスは現在、およそ20人のトランスジェンダーを集めて、パフォーマンスグループ「ミックストランス」を構成した。ハリスは最近、これらとPR向けポスターの撮影に臨み、自身のミニホームページを通じ、メンバーら個人の写真とともに紹介した。

メンバーらは美術大学出身からプロのダンサー、モデルなどとして活躍してきた20~30代。ハリスは「昨年、友達と後輩が自殺する悲しい事件が相次いだ。私と同じ苦しみを体験している先輩と後輩とともに、少し疎外されている私たちのための美しい空間を作った」と話した。続いて「東京の有名なトランスクラブのように、内国人だけでなく外国人観光客にも愛される観光スポットになるよう努めたい」と付け加えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP