주요 기사 바로가기

コ・ヒョンジョン「悪女の演技で人間の両面性と孤独を表現したい」

2009.05.18 16:28
0



トップスターのコ・ヒョンジョンが悪女としてテレビ劇場に帰ってくる。

昨年夏コ・ヒョンジョンがMBC(文化放送)史劇「善徳女王」(脚本キム・ヨンヒョン、パク・サンヨン、演出パク・ホンギュン)出演について検討していた当時、当然タイトルロールの善徳女王役が予想されていた。 しかし予想外にコ・ヒョンジョンは‘悪の枢軸’ミシル役を選んだ。 14日、慶尚北道(キョンサンブクド)慶州(キョンジュ)教育文化会館で開かれた「善徳女王」制作発表会で、取材陣の関心は悪女を演じるコ・ヒョンジョンに集中した。

コ・ヒョンジョンは「私はミシルを悪役だと考えない」と言って話を切り出した。 コ・ヒョンジョンは「人にはそれぞれ事情がある。 ミシルは力では十分に皇后になれる女性だが、身分のために成し遂げられず、常に誰かに地位を奪われるような恐れも感じている」とし「ミシルの役を通して人間が持つ両面性、孤独や凄絶さを演じてみたいという欲がある」と語った。

しかしファムファタール的に描かれたミシルを演技するのにコ・ヒョンジョンの印象は柔らか過ぎるという声もある。

コ・ヒョンジョンは「私は少し優しい」(笑)とし、「悪い人物だからといって怖い表情ばかり見せていれば正体が容易にばれてしまう。 だから優しい顔も必要だと考えて自ら合理化している。 不足している部分は演技力で克服したい」と述べた。 さらに「ミシルは新しい気持ちで演技している。 従来の演技に拍子があったとすれば、今はその拍子を崩しながら演技をしている」とし、変身を強調した。

「善徳女王」は男性の専有物だった王の地位を王女の身分で挑んで成功した新羅第27代善徳女王の一代記を描いたドラマ。 25日から放送される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    コ・ヒョンジョン「悪女の演技で人間の両面性と孤独を表現したい」

    2009.05.18 16:28
    뉴스 메뉴 보기
    TOP