주요 기사 바로가기

パク・シニャン「出演料、正当な協議は行った」

2009.05.12 12:03
0



最近、ドラマ「銭の戦争」出演料返還訴訟で勝訴したパク・シニャンが11日、自分の弁護士を通じて立場を明らかにした。

パク・シニャンの顧問弁護士である太陽合同法律事務所のチョ・サンオン弁護士はこの日、パク・シニャンのホームページを通じてドラマ制作社協会のパク・シニャン殺しを条目別に掲げた。

「約定金判決について」という文でチョ・サンオン弁護士は「パク・シニャン氏の顧問弁護士として判決に対する説明と、これまでシナジーインターナショナル側で事実関係において何の公式的な説明がなく誤解の余地があった部分に対して解明をしたいと思う」と明らかにした。

チョ・サンオン弁護士はパク・シニャン氏が「銭の戦争」の延長放送要請に対して拒否の意志を明確にし、これは「銭の戦争」制作過程におけるさまざまな不合理な事情によるためだったと主張した。

問題になった1話当たり1億5500万ウォンという高額出演料については「延長放送と関連し、シナジー側が拒否の意志を表明した後、制作会社とシナジーがそれぞれ会計士と弁護士を動員して数十回の協議を進行した。すべての事情を考慮してそのような出演料で合意した」と明らかにした。正当な手続きを通じて算出された出演料だったという説明だった。

チョ弁護士は高額出演料によって韓国ドラマの制作環境が悪くなったというドラマ制作社協会の主張に対し「4回放送分に関する契約で、韓国ドラマの制作環境が悪くなったのか、でなければこれまで未払いの出演料に対して提訴した人がパク・シニャン氏が初めてだったからか尋ねたい」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    パク・シニャン「出演料、正当な協議は行った」

    2009.05.12 12:03
    뉴스 메뉴 보기
    TOP