주요 기사 바로가기

警察、デモ鎮圧中に日本人観光客を殴打

2009.05.08 17:51
0
 警察が2日、ソウル明洞(ミョンドン)でデモ隊を鎮圧中、日本人観光客に暴行を加えていたことが明らかになった。

東京に住む義煎亮さん(43)は7日、中央日報に送った電子メールで、「2日夜、明洞を観光していたが、警察に殴られて肋骨にひびが入った」と主張した。

義煎さんは「この日午後10時30分ごろ、母親と一緒に明洞へ出かけたが、ミリオレ付近でデモ隊とぶつかった。 母をわき道に避難させた後、100人以上の警察が私に向かって突進してきた」と伝えた。

義煎さんは「デモを鎮圧する警察が私を囲んで殴り、足で蹴った」とし「私が英語で‘日本人だ’と叫ぶと暴行をやめた」と説明した。

警察の報告によると、警察は当時、明洞ミリオレの前で4人を連行し、瑞草(ソチョ)署所属の警察バスに乗せて九老(クロ)警察署へ向かった。 この時、日本語を話し続ける人が日本人であることを確認し、3日午前0時5分ごろソウル中央郵便局の前で降ろしたという。

義煎さんは「宿舎のロッテホテルに戻り、ホテル側の助けを受けて明洞付近の仁済(インジェ)白病院で検査を受けた結果、右側8番・9番の肋骨にひびが入ったという診断を受けた」と主張した。

義煎さんは「医師が入院を勧めたが、言葉が通じない病院に入院することに不安を感じ、鎮痛剤の注射を受けた後、飲み薬を受け、3日午前2時30分ごろホテルに戻った」と説明した。

当時通訳をしたホテルの関係者は「義煎さんが胸に痛みを訴えた。 ホテルの職員が見ても体が不自由そうに見えたので病院に案内した」と述べた。

義煎さんは「警察に殴られたという話をすると、ホテル側が警察に申告し、調査に来た南大門(ナムデムン)警察署所属の警察に病院の診断書を見せたところ、旅行者保険処理ができるよう事故事実証明書を書いてくれた」と説明した。

義煎さんはホテルで2度、警察の調査を受け、「自分を殴った警察が誰なのか確認を願う」という言葉を伝えた。

義煎さんは駐韓日本大使館にも暴行を受けたことを伝え、領事部の職員から「損害賠償を請求できる」という説明を聞いた、と伝えた。

一方、警察側は暴行を否認した。 ソウル警察庁は日本人観光客の連行は認めながらも「当日デモ鎮圧部隊員を調べた結果、日本人観光客に暴行を加えたという事実はなかった」と釈明した。

さらに南大門警察署は「内容を知らない」とし、義煎さんを調査した事実自体を否認した。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP