주요 기사 바로가기

<サッカー>李天秀「2人の父のために自分を捨ててプレーする」

2009.04.26 09:43
0



 李天秀(イ・チョンス、28、全南ドラゴンズ)がまた走る。フェイエノールト(オランダ)から放出される直前の昨年夏からいろんなことを経験した。厳しい時期だった。「もうサッカーをやめなければならないのでは」とも考えた。

危機をチャンスに変えた。まずスター意識を捨てた。「監督がいつ、どこで、どのようにプレーしろと言えばその通り従う」と話す李天秀だ。

6試合出場停止処分が終わった李天秀は26日、グラウンドに復帰する。相手は古巣の水原三星(スウォン・サムスン)だ。

今年初め、全南(チョンナム)に入団した李天秀は自信を失っていた。「もう活躍できないのでは…」。朴桓諸(パク・ハンソ)全南監督は監督職をかけて李天秀を迎え入れた。李天秀が審判を侮辱するような態度で重い懲戒を受けたが、朴監督は「自分が父のように見守るから一緒にやろう」と李天秀を励ました。

キム・ヨンフン全南団長は李天秀を迎えた後、絶えず「一緒に生活しよう」と話してきた。日曜日になると昼食を一緒にしながら李天秀の悩みを聞いた。結局、懲戒期間中にマンションを整理し、チームの宿舎に合流した。

李天秀は「全南に来てから2人の父親(朴監督・金団長)ができたようだ。2人のためにも自分を捨ててプレーしたい」と誓った。

ある日、食事中の李天秀に朴監督が電話をかけてきた。2月に引退した高宗秀(コ・ジョンス)から伝言を頼まれたのだった。

高宗秀は「自分と同じ道を歩んではいけない。李天秀はまだ幼くて素晴らしい実力を持っている。人に何と言われても李天秀が生きていることを見せなければいけない」と助言した。

李天秀は「自分を応援して期待してくれる先輩を見ながら、まだ遅くないということを感じた。まだ29歳だ。全南ファン、Kリーグファンが笑えるようにプレーしたい」と語った。

復帰を控えた李天秀は水原戦を待ち望んでいる。水原は昨年、李天秀を放出したチームだ。しかし李天秀は「水原ファンにはいつも申し訳なく思っていた。自分が苦しんでいるときに受け入れてくれた車範根(チャ・ボムクン)監督にもお詫びと感謝の気持ちを伝えたい」と話した。

もちろん勝利への意志は固まっている。李天秀は「まだ1勝もない(4分け1敗)全南にはまずは勝利が大切だ。自分の責任が大きい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>李天秀「2人の父のために自分を捨ててプレーする」

    2009.04.26 09:43
    뉴스 메뉴 보기
    TOP