주요 기사 바로가기

査察要員を退去→寧辺再稼働へ…北核危機の再演か(1)

2009.04.16 08:29
0
北朝鮮が14日、寧辺(ニョンビョン)の核施設に駐在する米国と国際原子力機関(IAEA)の査察要員に退去を命じた。

「北朝鮮の核問題を話し合う6カ国協議を離脱する」と北朝鮮外務省が宣言した直後だ。退去命令に続き、北朝鮮が核施設を再稼働する場合、核兵器の原料となるプルトニウムの抽出につながる。「寧辺再稼働」というカードから始まった02年の2回目の北核危機当時のように、今回も当時を再演し、「核の武器庫」を埋めると脅かしたのだ。

02年に北朝鮮は、米国が「核兵器の原料となる高濃縮ウラン(HEU)の抽出を試みている」という疑惑を提起すると、査察官の退去と再稼働で対抗した。しかし今回は北朝鮮が先にHEUの開発を脅威カードとして持ち出している。北朝鮮が14日の声明で公開した「軽水炉建設の検討」がそれだ。

軽水炉は濃縮ウランが燃料となるだけに、軽水炉を建設するというのは、ウラン濃縮を試みるという意味になる。「寧辺(プルトニウム)+軽水炉(高濃縮ウラン)」という2つのカードを一度に見せ、02年よりさらに攻撃的に圧力を加えたのだ。02年12月に北朝鮮は寧辺核施設の封印を除去した後、IAEA査察団を追放した。翌年1月には核不拡散条約(NPT)を脱退し、2月には寧辺の核施設を再稼働した。続いて、原子炉で燃やした後に取り出した使用済み燃料棒を再処理し、プルトニウムの抽出を始めた。


査察要員を退去→寧辺再稼働へ…北核危機の再演か(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP