주요 기사 바로가기

盧前大統領「過ちは過ち…もう少し見守る」

2009.04.10 07:14
0
盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が8日夜、自分のホームページにまたコメントを載せた。前日の「お詫びします」に続き、今回のタイトルは「お願いします」だった。

盧前大統領はこのコメントで「私が知っている真実と検察が疑っているフレームが同じではない」と明らかにした。「枠組み」を意味するフレーム(frame)という用語を使い、権良淑(クォン・ヤンスク)夫人が朴淵次(パク・ヨンチャ)泰光(テグァン)実業会長から金を受け取った内容などが、検察側が得ている情報と違うと主張したのだ。

また自分の告白で膨らんだ論難について「自分の考えは過ちは過ちというほうだ。もう少し見守っていく」と述べた。

盧前大統領は、ホームページに支持者が募金運動やボンハ村慰労訪問を提案するコメントを載せたことに関連し、「今回の件をきっかけに特別な行事や訪問を計画しないことを望む」と伝えた。また「遠くから失望した気持ちで見守っている国民の心を考えてほしい。自分も、皆さんも非難されることがないことを望む」と訴えた。

最後に盧前大統領は「私は自分の過ちをすでに謝った立場。もうこのホームページでさらに悪口を言われることがないことを望む気持ちでこのコメントを載せる」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP