주요 기사 바로가기

検察「盧前大統領の調査は避けられない」

2009.04.08 07:53
0
最高検察庁中央捜査部は7日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領を召喚する時期の検討に入った。検察の関係者は「(盧前大統領に対する)直接的な調査が避けられない状況へ進んでいる」と述べた。検察は盧前大統領の夫人である権良淑(クォン・ヤンスク)氏を召喚するかどうかについては議論中という。

中央捜査部はこの日、鄭相文(チョン・サンムン)元青瓦台(チョンワデ、大統領府)総務秘書官(63)を逮捕した。鄭秘書官は青瓦台に勤務していた05-06年、朴淵次(パク・ヨンチャ)泰光実業会長(64、拘束)から3億ウォン(約2500万円)以上を受け取った疑い。検察はこの資金が盧前大統領や権夫人に渡ったとみている。検察は鄭秘書官を相手に、盧前大統領の姪婿ヨン・チョルホ氏(36)が昨年2月、朴会長から500万ドルを受ける過程に関与したかどうかも調査中だ。

また中央捜査部はこの日、金元基(キム・ウォンギ、72)、朴寬用(パク・クァンヨン、71)元国会議長を呼んで調査し、朴会長の不正資金が入っていた香港APC社の口座に関する資料を香港当局から受けた、と明らかにした。

大田(テジョン)地検特捜部はこの日、盧武鉉前大統領の後援者である姜錦遠(カン・クンウォン)昌信(チャンシン)繊維会長(57)に対し、横領・政治資金法違反などの容疑で事前逮捕令状を請求した。洪満杓(ホン・マンピョ)大検察庁捜査企画官は「確認することが少しある」とし、姜錦遠会長を調査する計画があることを明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP