주요 기사 바로가기

盧前大統領「不正資金受け取った」

2009.04.08 07:34
0



盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が在任中の05-06年、朴淵次(パク・ヨンチャ)泰光実業会長から夫人の権良淑(クォン・ヤンスク)氏が数億ウォンの資金を受け取った事実を認めた。

盧前大統領は7日、鄭相文(チョン・サンムン)元青瓦台(チョンワデ、大統領府)総務秘書官が朴会長から金を受け取った疑惑で逮捕されたのと関連し、「私の家でお願いし、その金を受け取って使った」とし「返済できない借金が残っていたため」と明らかにした。

盧前大統領はこの日午後、ホームページ「人が生きる世の中」(http://www.knowhow.or.kr)に載せた「お詫びします」と題した文で、「鄭相文元秘書官が自分自身がしたことのように話していかないか心配だ。その疑惑は鄭秘書官ではなく、私たちのことだ」と説明した。

ある側近は「権良淑夫人が借りた金だと聞いた」とし「盧前大統領も最近この事実を知ったと聞いた」と話した。

盧前大統領は「私と自分の周囲のお金の問題で国民にご迷惑をかけて申し訳なく思う…詳細は検察の調査に応じて述べる」とし、検察の調査に応じる立場を明らかにした。

ハンナラ党の尹相現(ユン・サンヒョン)報道官は論評で「道徳的にクリーンだという在任当時の態度が偽りであったことを自ら認めるものだ。不正な取引を明らかしなければならない」と求めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    盧前大統領「不正資金受け取った」

    2009.04.08 07:34
    뉴스 메뉴 보기
    TOP