주요 기사 바로가기

格安航空会社で国際線就航競争

2009.03.31 08:07
0
これまで国内線に集中してきた格安航空会社が相対的に収益性がよい国際線就航に相次いで乗り出している。

大韓航空が設立した格安航空のジンエアーは10月から国際線に本格就航すると30日に発表した。ジンエアーの金載建(キム・ジェゴン)代表は、「10月にバンコク線とマカオ線で国際線の定期就航をスタートする。関空線などを追加し年内に国際線5路線を運航する」と明らかにした。

これに向けジンエアーは4月初めにボーイングB737-800型機を追加で1機導入し、秋までにさらに1機を追加して5機の航空機を確保する考え。金代表は、「毎年国際線の就航地を増やし、2011年には中国・日本・東南アジア地域に12~16路線を運航する計画だ」としている。

 
金代表はまた、「親会社の大韓航空に整備など安全と関連した部分は今後も依存するが、営業の側面では完全に別途の戦略を通じて競争力を確保する。国際線を本格運航する来年には売上1600億ウォン(約111億円)に営業黒字も出せるだろう」と話す。

一方、国内初の格安航空の済州(チェジュ)航空は3月20日から関空・北九州線で定期路線を開設し運航中だ。

アシアナ航空系のエア釜山(プサン)も来年初めに日本などを中心に国際線に就航する計画を明らかにしている。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP