주요 기사 바로가기

北の対応打撃2回目の目標は在日米軍とグアム島基地(2)

2009.03.11 14:55
0
理論的に、北朝鮮の2回目のターゲットは、米軍が駐留する日本やグアム島の軍事基地になり得る。

日本である場合、具体的には▽米第7艦隊が駐留する横須賀基地▽日本の海上自衛隊の前進基地である佐世保基地--が標的になり得る。米海兵が駐留する沖縄とグアム島を北朝鮮が狙う場合、射程3000キロを上回る新型の中距離ミサイルを使う可能性がある。在韓米軍基地を打撃する仮想の状況も考えられる。

しかし韓国・日本・グアム島への挑発は、北朝鮮体制の存廃がかかる途方もなく大きな負担のため、踏み切りやすくないのが現実だ。大半の専門家は、北朝鮮が対応打撃に成功する可能性も大きくないという見方を示している。北朝鮮のミサイルの誤差半径が1-3キロメートルであることから、標的にきちんと命中しがたいということだ。

命中の誤差が大きい北朝鮮のミサイルが軍事基地ではない所にでも落ちれば、国際社会の非難に耐えられない状況になるほかない。しかも北朝鮮は1000キロメートル先を見通せるレーダーを保有しておらず、ミサイルを発射した後も、標的に命中したかどうかを把握することすら難しい状況だ。現地の報道を通じてのみ被害の程度を確認できるということだ。

国防部の元泰載(ウォン・テジェ)スポークスマンは「実質的な意図があるというよりは、政治的かつ対外的な圧迫向けの修辞とみられる」と述べた。米国との核交渉などを控えて、実際の戦争まで辞さないのは容易ではないということだ。
北の対応打撃1回目の目標は東海の米海軍イージス艦(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP