주요 기사 바로가기

売春を脅迫するために「家出少女の裸の動画」を流布

2009.03.11 08:53
0
インターネット上に流された「10代の少女が裸で暴行される動画」は、家出した10代の少女を売春させるため、脅迫用に撮影されたことが明かになった。

京畿道金浦(キョンギド・キンポ)警察署は10日、キム某容疑者(21)ら6人に対し、性的暴行などの疑いで拘束令状を申請し、キム某容疑者(18)ら3人を在宅起訴した。

警察によると、キム氏らは先月、インターネットチャットサイトでイ某氏(16)、アン某氏(16)に「寝る場所を提供してやる」と誘い、ソウル市内のモーテルに監禁した。イ氏らは高校を中退後、家出をした状態だった。キム容疑者らは彼女らの服を脱がせたほか、互いに殴らせ、性器を露出させ動画を撮影した。「逃げたら動画をインターネットで流す」と脅迫した。

イ氏の母親は警察のインターネット位置追跡で拉致から1週間たった先月20日、ソウル市内のインターネットカフェでイ氏を発見した。当時、インターネットカフェに一緒にいて逃走した加害者の1人であるイ某氏(19)が翌日、問題の動画を自分のホームページに掲載、動画が瞬く間に流された。加害者は9日、全員検挙された。

キム容疑者らは昨年10月にも中学生のペク某氏(14)を2カ月間監禁、性的暴行をし60回にわたり売春させたことが明らかになった。加害者のほとんどは家出した青少年で、インターネットサイトで知り合い犯行を行っていた。このうち3人は高校生だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP