주요 기사 바로가기

ウォン安時代…デパートでドル・円決済増える

2009.02.27 17:22
0
 ウォン安が進む中、韓国人も国内でショッピングする際、ドルや日本円で決済するケースが増えている。

今月に入って現代(ヒョンデ)百貨店の狎鴎亭(アプグジョン)本店や貿易センター店など主要店舗で、韓国人がドルや円で決済した金額は300万-400万ウォン(約20-27万円)と集計された。 6カ月前に比べて約3倍に増えている。

外貨決済は主に10万-20万ウォンのショッピングで、それほど大きな金額ではない。 チョン課長は「最近のウォン安を受け、以前に両替して残っていた米ドルや日本円を使っているようだ」と話した。 主に輸入衣類品売り場で外貨決済が多い。

現代百貨店は内・外国人顧客に外貨ショッピングを積極的に案内している。 家の中に眠っている外貨を引き出しながら顧客の消費心理を刺激しようという狙いだ。 現代百貨店は数年前から全国すべての売り場でドル・円・ユーロを受けている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP