주요 기사 바로가기

ムーディーズ、韓国10銀行を格下げへ

2009.02.09 15:28
0
米格付け会社ムーディーズは9日、韓国の10の金融機関を格下げすると明らかにした。

該当銀行はシティ銀行、輸出入銀行、ハナ銀行、企業銀行、国民銀行、産業銀行、農協、新韓銀行、ウリ銀行、ウリ金融持株。

ムーディーズは1月15日、これら金融機関の外貨建て債務の格付けがムーディーズが提示する国家格付けより高いため、近いうちに下方修正することを検討する、と明らかにしていた。

今回の措置でムーディーズはハナ銀行、企業銀行、輸出入銀行、国民銀行、産業銀行、農協、新韓銀行、ウリ銀行の外貨建て長期先順位債の格付けを「A2」に格下げし、それぞれ格付け見通しは「安定的」に据え置いた。しかし産業銀行の格付け見通しは「否定的」と評価した。 また企業銀行の外貨建て後順位債の格付けは「Aa3」から「A2」に格下げし、格付け見通しは「安定的」に修正した。

農協の場合、外国建て後順位債の格付けは「A2」に据え置かれ、格付け見通しは「安定的」と評価された。 シティ銀行、ハナ銀行、企業銀行、国民銀行、産業銀行、農協、新韓銀行、ウリ銀行の8銀行の外国建て長期預金格付けは「A2」に据え置いた。 格付け見通しは産業銀行だけが「否定的」、それ以外は「安定的」という評価を受けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP