주요 기사 바로가기

暴力集会民主労総に5000万ウォン国家賠償命じる

2009.02.08 19:36
0
裁判所は、民主労総に対し、不法暴力集会を起こしたことについて国家に賠償する責任があるという判決を下した。

ソウル中央地方裁判所民事第46単独クォン・スンヨル判事は、国家が民主労総を相手取って起こした損害賠償請求訴訟で「暴力集会を行い、警察公務員に暴行をはたらき、国家器物を破損した責任が認められる」とし、2430万ウォンの賠償を命じたと6日、明らかにした。

裁判所は判決文で「民主労総は集会主催者として参加者たちが集会場所を離れたり、暴力を振るったりしないよう責任があるにもかかわらず、適切な措置を取ることができなかった」と指摘した。

国家(警察)は2007年6月、民主労総が汝矣島で主催した「特殊雇用労働者労働争議権を勝ち取るための集会」で、一部参加者が鉄パイプなどで警察官に暴行をはたらき、警察バス11台と無線機、鎮圧装備などを破損すると訴訟を起こしていた。

また警察は昨年、ろうそく集会と関連してBSE国民対策会議関係者17人を相手取って起こした損害賠償訴訟の請求額を3億3000万ウォンから5億1000万ウォンに増額すると裁判所に申請したことを明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP