주요 기사 바로가기

韓・日・豪、2022年W杯招致「三国志」(1)

2009.02.04 09:21
0



韓国がサッカー・ワールドカップ(W杯)の招致競争に参入した。

大韓サッカー協会は3日、2018年または2022年のW杯を招致する意向を国際サッカー連盟(FIFA)に伝えた。2002年の韓日共催に続き2度目で、初の単独開催に挑戦状を叩きつけた。サッカー協会の趙重衍(チョ・ジュンヨン)会長は、「2018年大会か2022年大会のうちどちらかがアジアに割り当てられ、招致の可能性が大きいとみている。すでに2002年大会を開催し施設を備えており、大きな費用をかけなくても大会を開催できると判断し挑戦することになった」と話している。

◆電撃申請の背景=先月22日に就任した趙会長は、会長選挙期間中にはW杯招致について言及しなかった。当選後も「いつW杯を開催すると言うのは難しい。これから研究するようにしたい」と消極的な姿勢だった。それでも就任から10日でW杯招致を決定した。3日(韓国時間)はFIFAが定めた招致申請の受け付け最終日だった。期限を目前にしあわてて下した決定だったとの指摘だ。来年5月に正式に招致申請書を提出すれば政府が開催を保証する認証書を提出しなくてはならない。それなのに政府と事前協議がなかった点も急いで下した決定だということを裏付けている。

W杯招致という課題を通じて国内サッカー界の結束と和合を図ろうという意図も含まれている。2002年大会を共催した日本がまず招致競争に乗り込んでいる状況で、「なんの努力もしなかった」という非難を事前に封じ込めようという決定だという見方もある。

◆招致の可能性=韓国のほかにもアジアからは日本、カタール、インドンネシアが招致を申請した。他には豪州、米国、メキシコ、スペイン、ポルトガル、イングランド、ベルギー・オランダ共催、ロシア、エジプトなどが招致を希望している。ひとまず2018年大会は欧州で開かれる公算が強い。AP通信は3日、「2010年と2014年の大会が欧州以外の地域で開かれるため、2018年大会開催候補にはイングランドやスペインが最も有力だ。投票権を持つFIFA執行委員24人のうち8人が欧州出身だという点から2018年大会は欧州の可能性が大きい」と分析した。


韓・日・豪、2022年W杯招致「三国志」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓・日・豪、2022年W杯招致「三国志」(1)

    2009.02.04 09:21
    뉴스 메뉴 보기
    TOP