주요 기사 바로가기

<オバマ米新政権発足>「ひとりの政治家に全世界が大期待」(1)

2009.01.21 07:49
0



米国の各メディアはオバマ新大統領の就任式をテレビとインターネットで生中継したのはもちろん、5~6面にわたる特集記事として扱った。

米ABCテレビは「1836年のベルリン五輪で黒人の陸上選手、オーエンスが4の金メダルを獲得した瞬間や、47年にジャッキー・ロビンソンが黒人の野球選手としては初めて大リーグにデビューしたときよりも黒人社会が熱狂している」と伝えた。

オバマ新政権の将来については「危機と機会が共存する」という見方が多かった。国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(IHT)は「オバマ氏はフランクリン・ルーズベルト大統領以来、最悪の経済危機の状況下、就任した」とし「当面のイラク、アフガニスタン戦争から中東戦争に至るまで解決すべき宿題が山積している」と指摘した。

しかし統治権を行使する上では、オバマ氏が歴代のどの大統領よりも良い条件であると、米マスコミは評価している。米紙ワシントンポスト(WP)とABCテレビが19日に発表したアンケート調査で、オバマ氏への支持度は80%にのぼった。しかも与党の民主党が上下両院で過半数を占めており、「2年間で8250億ドル(約75兆円)」という大型景気対策を打ち出してスタートする大統領になると、WP、ニューヨークタイムズ(NYT)などが伝えた。

◇欧州=欧州のマスコミでもオバマ新政権への関心が高まっている。英紙デーリー・テレグラフはこの日「ひとりの政治家に全世界がこれだけ大きな期待を寄せたのは、類例を見ないこと」とし、オバマ新大統領の就任に関心を示した。仏紙フィガロは19日、20面にわたる特集記事を通じ、ワシントンのお祭りムードを詳しく伝えた。同紙は「就任式前から飛行機、鉄道、自動車を利用し、オバマ新大統領のファンらがワシントンに続々と駆けつけている」とし「週末にはバスなどで付近の道路が込み合った」と報じた。
<オバマ米新政権発足>「ひとりの政治家に全世界が大期待」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <オバマ米新政権発足>「ひとりの政治家に全世界が大期待」(1)

    2009.01.21 07:49
    뉴스 메뉴 보기
    TOP