주요 기사 바로가기

老人犯罪者、過去10年間で2倍以上に

2009.01.05 07:59
0
高齢者層による犯罪が過去10年間で大幅に増加したことが明らかになった。

韓国刑事政策研究院の張埈午(チャン・ジュンオ)対外協力センター長は4日、このような内容を骨子にした「老人犯罪および犯罪被害」という論文を公開した。論文によると、1996年には3万4492人だった61歳以上の犯罪者が、2006年には8万2323人の2倍以上に急増した。同期間の全体の犯罪者は192万2549人から193万2729人で増加傾向が比較的に停滞した。全体の犯罪者のうち、20台(24.4%→15.8%)と30台(35.2%→23.8%)の犯罪者の比率が減少した一方、高齢者層の犯罪者の比率は1.8%から4.3%に著しく増加している。

張センター長は「高齢化社会で高齢者層が自分の居場所を模索できずに起きる現象」とし「退職後、職業ではなくても社会活動を継続できるよう、社会が配慮しなければならない」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP