주요 기사 바로가기

「不況には広告増やせば売上を助ける」

2008.12.22 13:03
0
不況期であればあるほど広告を増やせば売上増大につながると分析された。

第一企画は通貨危機勃発直後の1998~99年新聞・雑誌・テレビ・ラジオの4大メディアに広告費を多く使った国内200企業を対象に2002年までの売上を分析、こうした結果が出たと21日、明らかにした。

これらのうち98~99年の年平均広告費を97年より10%以上使った55の会社の売上は初年度である98年79%伸びた。2002年には97年対比246%も増えた。一方、広告費を10%以上使わなかった企業の売上は98年に10%減った。これら企業は景気が回復期に入った2000年以後にも年平均売上が10%程度増えるのに止まった。第一企画のホ・ウォング局長は「不況期に輝いた広告戦略としてブルーオーシャン創出、確固たる1位維持、高級化を代表に挙げることができる」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP