주요 기사 바로가기

不況で低価格商品が人気…コンビニ

2008.12.02 14:54
0
 今年の流通業界のキーワードは「不況」だった。

主要コンビニエンスストアが今年1-11月に最もよく売れた商品を集計した結果、低価格商品と酒が上位圏に入り、オンラインモールでは生活費節減型商品が人気を集めた。

「ファミリーマート」では低価格コーヒー「ロッテ・レッツビーマイルド」(600ウォン)が2位になった。 3位だった昨年に比べ82%も販売量が増えた。 全商品のうち販売伸び率は1位だった。 この商品は「GS25」でも2位になった。「バイザウェー」では販売量が前年比118%増で、昨年の15位から今年は10位に上がった。

飲料業界は今年、1000ウォン(約65円)を超える高級缶コーヒーとカップコーヒーの新製品を続々と出したが、消費者は低価格コーヒーを選択した。

食事代わりとなる食品も人気だった。 ファミリーマートで「ツナキムチ1000ウォンのり巻き」(5位)の販売は前年比58%増、「全州(チョンジュ)ピビム三角のり巻き」(6位)は41%増となった。 GS25の「ニュー全州ビビンパ三角のり巻き」の販売は前年比59%増で5位に入った。

酒類の販売も大きく増えた。 ファミリーマートで「チャムイスルフレッシュ焼酎」は7つ上がった7位、「Cass缶ビール」は4つ上がった4位となった。 「チャムイスルフレッシュ焼酎」はGS25でも前年比40%増で17位から8位に上昇した。

バイザウェーの場合、今年の商品別販売順位1-15位に酒類が9商品も含まれた。 昨年は7商品だった。 バイザウェーの関係者は「不況のため飲食店ではなく家庭で酒を飲む人が増えているため、酒類商品がよく売れている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP