주요 기사 바로가기

「ペ・ヨンジュン、ドラマ1話に出演料2億5000万ウォン」

2008.12.02 08:21
0
ペ・ヨンジュン2億5000万ウォン(約1612万円、推定)、ソン・スンホン7000万ウォン(約451万円)、クォン・サンウ5000万ウォン(約320万円)、チェ・ジウ4800万ウォン(約309万円)…。

スターのドラマ出演料(1話あたり)が公開された。1日、ソウル木洞(モクトン)の放送会館で韓国TVドラマプロデューサー協会主催で開催されたセミナー「TVドラマの危機と出演料の正常化」での話だ。この日、鮮文(ソンムン)大学のキム・ジンウン新聞放送学科教授はドラマプロデューサー協会の内部資料を引用し、昨年と今年の俳優(スター級)の出演料を明らかにした。

この資料によると、大作『太王四神記』に出演したペ・ヨンジュンの出演料(1話あたり)は2億5000万ウォンと推定され、出演料の最も高い俳優に選ばれた。今まで最も高い出演料(1話あたり)を受け取ったことで知られていた俳優はパク・シニャン。SBS(ソウル放送)テレビドラマ『銭の戦争』番外編(4話分)を撮影し、1話につき1億5500万ウォン(約1000万円)を受けとった。

ペ・ヨンジュンの出演料について『太王四神記』制作会社のキム・ジョンハク・プロダクション側は「ペ・ヨンジュンさんが代表のBOFが制作に参加し、ドラマで生じた収益を分ける形で契約したので、1話あたりの出演料に大きな意味はない」と反論した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP