주요 기사 바로가기

<野球>日本球界「韓国の優秀FA選手を狙え」

2008.11.04 08:47
0
プロ野球の韓国シリーズが終わったとたんに日本のスポーツ新聞は横浜とヤクルトが李恵践(イ・ヘチョン、29、斗山)の獲得に乗り出すという記事を出した。シリーズ中には横浜が李晋暎(イ・ジニョン、28、SK)を獲得する計画という報道も出てきた。日本の球団関係者は今シーズン中ずっと韓国に出入りしていた。特に9月26日には1日だけで巨人・阪神・横浜・ヤクルトの4球団の関係者がスカウトチームを連れて蚕室(チャムシル)球場を訪れた。

◆オリンピック効果=日本の球団と密接に交流するSKの金星根(キム・ソングン)監督は、「韓国が昨年のアジアシリーズ(コナミカップ)予選で日本シリーズ優勝チームの中日に勝ったときはみんなが驚いた。さらに五輪で日本に2回も勝つと韓国を見る目が変わった。日本は躍動的に発展する韓国野球を再評価している」と説明した。これまで日本は韓国の最高スターだけが活躍できるという優越感があった。1996年の宣銅烈(ソン・ドンヨル)、98年の李鍾範(イ・ジョンボム、以上中日)、2004年の李承燁(イ・スンヨプ、巨人)、2007年の李炳圭(イ・ビョンギュ、中日)などが年俸1億円以上を受け取り日本の舞台を踏んだ。しかし昨年三星(サムスン)で5勝7敗にとどまった林昌勇(イム・チャンヨン)が日本で33セーブを上げ、五輪では李晋暎が日本最高の抑え投手の藤川(阪神)から適時打を放ち、韓国で‘隠れた真珠’を探すための動きが本格化した。

◆低コスト高効率=李恵践は左腕で最高時速150キロメートルの剛速球を投げる点が魅力的だ。今年年俸1億5000万ウォン(約1200万円)の李恵践は、国内の他球団に移籍すれば年俸は2億2500万ウォン(前年度の150%)以上を受け取れる。しかし日本に行けば外国人の最低年俸(3000万~5000万円)水準としても、国内よりはるかに良い待遇だ。

昨年横浜との交渉に失敗した金東柱(キム・ドンジュ、32、斗山)は、‘五輪効果’で再評価されることを期待している。孫敏漢(ソン・ミンハン、33)はロッテ残留を優先しているが、日本進出も視野に入れている。阪神と横浜が金東柱を、巨人と日本のロッテが孫敏漢を獲得リストに入れている。

彼らを含めフリーエージェント(FA)選手らは所属チームとの優先交渉期間が終わる19日から海外球団を含む他球団と計画することができる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP