주요 기사 바로가기

環境連合の前幹部、寄付数億ウォン横領

2008.10.31 11:25
0
ソウル中央地検特殊3部(部長検事キム・グァンジュン)は30日、環境運動連合(環境連)元幹部キム某容疑者(33)を逮捕して調査中だと明らかにした。

この団体の企画運営局部長だったキム容疑者は「西海岸を救おう」企業寄付など9200万ウォンを横領した疑いだ。また山林保護関連の演劇公演を推進するように企業を欺いて数億円の後援金を取った疑い(詐欺)ももたれている。検察はキム容疑者に対し、拘束礼状を請求する方針だ。

環境連のユン・ジュンハ共同代表とアン・ビョンオク事務総長はこの日「実務者が西海岸基金などを横領した事件に対して責任を痛感する」と辞意を明らかにした。

共同代表を務めるチェ・ジェチョン梨花女子大碩座教授とチョハン・ヘジョン延世大教授も代表職から退く可能性があるものと伝えられた。

検察はこのほかパク某氏らこの団体の元幹部2人に対しても横領の疑いで捜査中だ。

検察は彼らが横領した公金を家の賃貸料とするなど個人用途で使ったということだ。検察は近いうちにこの団体の前代表チェ・ヨル氏を呼んで公金流用疑惑に対する調査をする計画だ。チェ氏は企業後援金と国家補助金を個人的に使った疑いがもたれている。チェ氏は現在出国が禁止された状態だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP