주요 기사 바로가기

<野球>斗山2軍、巨人との親善試合接線の末に破れる

2008.10.21 14:03
0
九州の宮崎サンマリンスタジアムで行われた親善試合は巨人の要請によって行われた。

阪神に大逆転劇でセントラルリーグ優勝を決めた巨人が、22日から始まるクライマックスシリーズ第2ステージを控え、斗山(トゥサン)2軍をスパーリングパートナーに選んだ。

巨人は李承燁(イ・スンヨプ)はもちろん、小笠原、ラミレスらベストメンバーを起用した。

結果は斗山2軍が7-8で逆転負けを喫した。

しかしスコアが見せたように巨人がややもすれば敗れるところだったというほど斗山2軍は善戦した。

6年目先発のノ・ギョンウンが5イニングを1失点で抑え、ウォン・ヨンムク、コ・チャンソンらも好投した。3年目左腕のウォン・ヨンムクは李承燁を3球三振に仕留めた。

打線では外野手のキム・ヨンジェ(建国大4年)が3回3ランを含み、4打数2安打5打点と大活躍した。

一方、この日の親善試合で李承燁は3打数1安打を記録、途中交代した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP