주요 기사 바로가기

MB「今こそ、先進国になるチャンス」

2008.10.21 07:43
0
李明博(イ・ミョンバク、MB)大統領は20日、世界金融危機について「正常な状況ならば先進国に追いつくのが難しいかもしれないが、むしろ今こそ機会かもしれない」とした上で「韓国の取り組み方次第では、国家のランキングを変えることもできる」という認識を示した。

李大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた国民経済諮問会議で「以前、危機に消極的に対応する人は結局危機が終わると委縮し、危機のときに積極的かつ攻勢的な立場で徹底的に対応した企業と人は成功するのを見た」とし、このように述べた。国民経済諮問会議は現政権発足以来、この日初めて開かれた。

李大統領はまた「97年の国際通貨危機の当時はアジアだけの危機だったから、韓国さえしっかりしていれば外国への輸出を増やして十分克服できる環境だったが、いまは世界全体が実物景気の沈滞で厳しいだけに、回復が容易ではない状況だ」とした後「世界的な危機だけに、当面のミクロの(微視的)政策も急がれるが、マクロな(巨視的)戦略も必要とされる。目の前の火消しの役割だけに徹していたら機会を逃してしまうかもしれない」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP