주요 기사 바로가기

「政府、ソマリアに艦艇派遣を議論中」

2008.10.15 07:34
0
丁玉根(チョン・オククン)海軍参謀総長は14日、「政府外交安全保障政策会議でソマリアの海賊出没地域に海軍艦艇派遣を議論すると聞いている」と明らかにした。

丁総長はこの日、鶏龍(ケリョン)台で開催された国会国防委員会の国政監査に出席し「海軍で7月に艦艇派遣の必要性をまず検討して報告しながら議論が始まった」と話した。

また丁総長は「外交部が主導し国防部が参加する形で議論されている」とし「海軍の艦艇が派遣されていたならば、韓国拉致船の救出に役立っていただろう」と述べた。ソマリア近海では先月、ブライトルビー号が拉致されるなど、韓国の船が毎年、海賊に拉致される事態が繰り返されている。

一方、丁総長は「ソマリアに艦艇を派遣するとしたら、どの艦艇が適当だと思うか」というハンナラ党の金東聖(キム・ドンソン)議員の質問に「忠武公・李舜臣艦級以上の駆逐艦だ」と回答した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP