주요 기사 바로가기

「北朝鮮、危機を対処する計画を準備中」

2008.10.10 07:34
0
ウォルター・シャープ在韓米軍司令官は8日(現地時間)、「金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の動きと関連して、北朝鮮を注視しているが、新しい動向はない」と明らかにした。ワシントンを訪問中のシャープ司令官は米国防総省での記者会見でこのように述べ「しかし北朝鮮の非常事態に備えて危機を対処する計画を徹底して準備している」と強調した。

またシャープ司令官は北朝鮮の短距離ミサイル発射と関連し「あらゆる情報網を動員して注視しており、万一、北朝鮮が大量破壊兵器を拡散するようなことをしたら、必要な措置を取る予定」と話した。

一方、ビクター・チャ元ホワイトハウス国家安保会議(NSC)補佐官は「北朝鮮はバラック・オバマとジョン・マッケイン候補のうち誰が大統領になっても、今より困難な状況に遭遇する」とし「北朝鮮は来年、次期米政府の関心を引くために核実験など何らかのことを行うだろう」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP