주요 기사 바로가기

ロト宝くじで一獲千金の男、その結末は…

2008.09.30 17:03
0
 ロト宝くじ(ロト6)に当たって賞金19億ウォン(約1億8000万円)を受けた20歳代の男が、賞金をすべて使ったあげく、小遣い稼ぎのために窃盗をして警察に捕まった。

慶尚南道(キョンサンナムド)鎮海(チンヘ)警察署は29日、宝石店などから常習的に金品を盗んだ疑い(特殊窃盗)でファン容疑者(28、馬山市)に対する逮捕令状を請求した。

警察は調査の過程で、ファン容疑者が05年7月にロト宝くじ一等に当選していたことを知った。 当時の一等賞金は19億ウォン。 宝くじが当たる3カ月前、馬山のインターネットカフェに入って従業員(19)を殴った後、20万ウォンを盗んで逃げた容疑で手配中の時だった。

馬山の賃貸マンションで暮らしていたファン容疑者は当選直前に自首を決心した。 しかしロトが当たってから考えが変わった。 自首を先に延ばして、巨額の当選金を使いながら逃避生活を続けることにした。 ファン容疑者は賭博や遊びに大金を使った。 1億3000万ウォンのBMW530を購入し、高級飲食店を回った。 しかしファン容疑者は06年3月に検挙された。

ファン容疑者は弁護士に6000万ウォンを支払って強盗容疑を恐喝に変え、罰金700万ウォンの宣告を受けた後、同年11月に釈放された。 当時、宝くじの賞金はほとんど使い果たした状態だった。

ファン容疑者は「ロト宝くじに当選した後、このような人生を送るとは思わなかった。 賭博で大金を失い、生活費がなくなってまた窃盗をすることになった」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP