주요 기사 바로가기

コピーブランド摘発、最も多いのはシャネル

2008.09.22 12:42
0
国内に流通するコピーブランドのうち、政府の取り締まりで最も多く摘発されたブランドはフランスの「シャネル」であったことがわかった。

ハンナラ党イ・ダルゴン議員が21日、特許庁から提出された「コピー商品摘発現況」によると、今年の上半期(1~6月)国内に流通したニセブランド取り締まり件数は計1902件だった。

ブランド別ではシャネルが17%(324件)で最も多く、その後をルイ・ヴィトン(12.6%、240件)、クリスチャン・ディオール(7.0%、133件)、グッチ(6.9%・128件)、アガタ(5.8%、111件)が続いた。

2003年から2006年8月までの取り締まり現況でもシャネルが2174件で最も多く、ルイ・ヴィトン(1592件)、カルティエ(1070件)、グッチ(1038件)、フェラガモ(778件)の順だった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP