주요 기사 바로가기

三星電子「年末に10日間の集団休暇へ?」

2008.09.20 13:57
0
三星(サムスン)電子が年末年始に約10日間にわたり業務を休む案を検討している。

同社関係者は「クリスマス前後から年明けまで、役職員に休暇を与える案を検討している」と話した。

三星電子をはじめ三星の子会社は、昨年の場合、金曜日の12月28日に仕事納めの後、今年1月1日までの4日間休んだ。三星電子が年末に1週間以上休む場合、三星のほかの子会社はもちろん、そのほかの大企業が後続する可能性がある。

会社関係者は「相当数の海外の大企業が施行している年末年始の長い休業を一度導入してみようと構想している段階であり、決まったものはない」と説明した。年末年始の休暇は役職員に再充電の機会を十分に与える一方、年次・月次休暇を消尽させることで人件費削減の効果を期待できる。

職員が8万人にのぼる同社が、1人当たり(1日分)の年次・月次手当を10万ウォン(約1万円)ずつ減らすだけでも、約100億ウォンの費用を節減できる。グローバル企業の三星電子の場合、取引する欧州・北米の各企業がクリスマスから年初まで長く休む場合が多く、出勤しても海外業務がきちんと行われない場合が多かった。

年末の長期休業は、そのほかにも景気低迷に関係している、という見方も出ている。在庫が懸念される状況で工場を熱心に稼働させても実益が少ないということだ。ただ、年末年始の休業が実現されても半導体と液晶表示ディスプレー(LCD)の生産ラインは休まず稼働し、休業の効果が大きくないだろう、という指摘もある。

京畿道器興(キョンギド・キフン)の半導体生産ラインと忠清南道湯井(チュンチョンナムド・タンジョン)のLCD生産ラインは、今年の秋夕(チュソク、中秋)連休にも正常に稼働された。一度ラインをストップさせれば再稼働するまで数日がかかり、簡単に中断しにくいということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP