주요 기사 바로가기

金総書記、「献身イメージ」で病床統治か

2008.09.18 08:10
0

 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル、66)国防委員長が脳卒中で手術を受けたことが確認された今月9日の北朝鮮政権樹立記念行事以降、平壌(ピョンヤン)の官営メディアには「献身」という単語が目立っている。

金委員長が7~8月の蒸し暑さの中、現場指導に尽力した直後に倒れた点を念頭に置いたらしく、金委員長の視察が「人民の幸福のための献身」(16日付労働新聞)であったことを強調する内容だ。17日には平壌テレビの「先軍の道ににじむ献身の跡」というタイトルの番組で「全力投球した、あのような立派な将軍はなかった」と称賛した。

これをめぐり、病床統治の局面に際し、金委員長のリーダーシップを宣伝するためのキーワードとして「献身」という用語が浮上している、という見方が出ている。国家安保戦略研究所のイ・キドン南北(韓国・北朝鮮)関係室長は「献身と自己犠牲という用語を掲げて、今回の局面を打開しようと試みている可能性が高い」と述べた。

感性的に訴えて金委員長に対する人民の忠誠心を高めようとしているのも目につく。17日、平壌テレビは「語れ 先軍の道、広がる夜明けの霧よ!君のみぞ知る将軍様の献身のその道を」という宣伝番組を放送した。14日付労働(ロドン)新聞の政治論説は「私だって苦しい時がある。名節(韓国固有の盆・正月)の1日だけでも家族と一緒に休みたい」とした金委員長のコメントを伝えている。

統一研究院の鄭永泰(チョン・ヨンテ)研究委員は「公の場に出にくい状況になれば、忠誠への決意や大会などといった方式で、献身する金委員長の姿を住民に直接イメージ付ける方式も登場するだろう」という見通しを示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金総書記、「献身イメージ」で病床統治か

    2008.09.18 08:10
    뉴스 메뉴 보기
    TOP