주요 기사 바로가기

10月、犯罪率トップ…2007犯罪統計

2008.09.16 09:23
0



犯罪は動きやすい天候の続く10月に最も多く発生していることが、警察庁の調査で分かった。

警察庁が発表した「2007犯罪統計」によると、昨年1年間発生した犯罪は計183万6496件。うち10月に発生した犯罪は17万6112件で、全体の9.6%、5月が17万1561件(9.3%)だ。

警察関係者は「毎年活動しやすくなる春季と秋季に犯罪発生件数が多かった。このため、4、5月と9、10月に合わせて取り締まりを強化している」と話す。

犯罪率(人口10万人当たりの発生犯罪率)は全国の7主要都市のうち、大田(テジョン)が4140件で最も多い。全国平均は3790件だ。警察関係者は「交通が集中する大田の地域的な特性を反映したものとみられる」と説明している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    10月、犯罪率トップ…2007犯罪統計

    2008.09.16 09:23
    뉴스 메뉴 보기
    TOP